問い合わせから見積もり、施工手順、仕上げまで、フロアコーティングをする際の流れを詳しくみていきましょう。

フロアコーティングの施工の流れを紹介

床のコーティングをしようと思ったら、まずはどのような流れで進んでいくかを把握しておきましょう。

問い合わせ・見積もり依頼・契約まで

  1. 施工会社の選択
    インターネットのホームページなどを検索し、気になる施工会社をチェック。施工サンプルの取り寄せや資料請求をしてみましょう。
  2. 見積もり依頼
    大抵の会社で、見積もりは無料です。後々追加料金は発生しないか。見積もり内容・料金でしっかり施工してもらえるか業者に確認してください。
  3. 施工会社決定・契約
    施工内容と工事日程、料金、物件所在地等を施工前に確認し、契約を交わします。

施工当日の流れ

  1. 作業内容の確認
    依頼した施工内容や施工対象箇所を業者と一緒に確認するようにしましょう。その際、当日の施工の流れなどを説明してもらいます。立ち会いが必要かどうかも確認しましょう。
  2. 床の傷の確認
    作業前に業者と一緒にフローリング等の施工箇所の傷・凸凹箇所のチェックをしましょう。
  3. 養生作業
    玄関やドアなどに液剤が付着しないように、養生テープなどで施工個所の周辺を保護します。
  4. はくり作業
    ワックスが塗布されている場合、液剤との密着不良の原因となるため、しっかりとワックスの剥離作業を行います。
  5. コーティング作業
    丁寧な下地処理を行った後、ゴミ・ホコリ等の混入に注意し、また厚みを均一にして液剤を塗布していきます。
  6. 仕上がりチェック
    施工責任者・施工スタッフと共に施工箇所の仕上がりのチェックを行います。その際、不満点や納得がいかない部分があればきちんと伝えるようにしましょう。後々のトラブルになりかねませんから仕上がりの時点でしっかりと確認してくださいね。