フローリングをコーティングする仕組みや床をフロアコーティングするメリット(デメリットも)について解説しています。

フロアコーティングのメリット・デメリットとは

最近よく聞くフロアコーティング。床にワックスがけをする従来の方法とは、どのような違いがあるのでしょう。

コーティングの仕組み

ロアコーティングのメリット・デメリットとはまずは仕組みについて理解しておきましょう。

フロアコーティングとは、主にフローリングの床に高耐久性のある塗装を施すことを言います。美しい輝きが求められるのは当然のことですが、次のような優れた効果もあります。

  • 耐摩耗性
  • 耐熱性
  • 耐傷性
  • 耐水性
  • 耐薬品性

フローリングをコーティングするメリットとしては、毎日生活する(足で踏みつける)床材を保護し、美しい光沢を長期間にわたり保ってくれることです。傷もつきにくくなり水拭き清掃が可能なので、お手入れも非常に楽になります。

一度フロアコーティングをすれば、最低でも10年以上は効果が持続。なかには30年間以上もノンメンテナンスのままで効果が落ちないものもあります。

新築の家なら、ぜひ施工しておきたいほどメリットが多いフロアコーティング。ですが、人によってはデメリットを感じることもあります。例えば床の光沢を嫌ったり、細かい傷を気にする人は慎重に。再度施工するのは、とても骨の折れる工事になるそうです。

ただ、最近では光沢を抑えたコーティングや施工時の臭気をなくす技術も発達しています。
フロアコーティングをお考えなら、業者に相談してみると良いでしょう。

フロアコーティングの優良業者BEST5>>