アクリルコーティングの性能と特徴

水性アクリルコーティングは、耐久性・耐水性という部分で、 他のコーティングに劣ります。 いわゆるワックスと呼ばれるものは、アクリル系になります。 耐久年数も一般的なもので、2年前後といわれ、 2年前後毎に、再施工が必要になってきます。 なので、むしろ初期のコーティングというよりは、 艶戻しコート剤として施工されることが多いコーティングです。 しかし、施工会社によっては、開発や研究を重ねた オリジナルの高硬度のアクリルコーティングを 施工しているところもあり、従来のものよりは、 環境にやさしく耐水性、耐油性に優れ、 耐用年数が長くなっているものもあります。

必見!優良フロアコーティング業者BEST5>>

アクリルコーティングのメリット・デメリット

アクリルコーティングのメリットは、なんといっても安価だという点です。ただ、艶出しには向いていますが、傷やフローリングの耐久性には、あまり期待できないので、耐久性は気にしないので艶と光沢だけ出したいような方に向いています。

アクリルコーティングのメリット

  • 耐久性は高くないが、光沢・艶出しには最適
  • コーティングの中では、最も安価なので気軽にできる
  • 2年前後は、特別なお手入れが不要
  • 剥離作業も塗り直しも比較的簡単

アクリルコーティングのデメリット

  • 耐久性は期待できない
  • 保証年数がない、もしくは短い
  • 2年毎の再施工による、家具の移動などが必要
  • 保護性能が弱く、水や洗剤にも溶けてしまうものも

※施工会社の行うアクリルコーティングの 種類と内容を事前によく確認しておきましょう!